もっと楽しく!もっと便利に!スマホお悩みサポートメニュー

ブラウザが落ちる・強制終了するときは

ブラウザが強制終了するときは、メモリ容量を確保しましょう。

インターネットを閲覧中、ブラウザが強制終了してしまう場合、メモリ容量が不足している可能性があります。ここではメモリ容量を確保する方法を説明します。

【方法その①】ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザで読み込んだデータ(キャッシュ)を削除することで、メモリ容量を回復することができます。

1.ブラウザの「設定」

ブラウザを起動し、スマホ本体のメニューキーを押して、「設定」をタップ。「プライバシーとセキュリティ」をタップします。

2.キャッシュを削除

・「キャッシュを削除」を選択し、「OK」をタップします。
・「ローカルにキャッシュされたコンテンツとデータベースを削除しますか?」と表示されるので、「OK」をタップします。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

【方法その②】不要なアプリを終了させる

使っていないアプリを終了することでも、メモリ容量を回復することができます。

1.「ホームキー」を長押し

ホーム画面で「ホームキー」を長押しします。

2.アプリを終了する

一覧から終了させたいアプリを左にスワイプするか、「すべて終了」をタップします。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

【方法その③】端末を再起動させる

端末を再起動させると、何もアプリが起動していない状態になり、メモリ容量が増えます。
電源ボタンを長押しし、「電話オプション」から「再起動」をタップしましょう。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

豆知識:スマホに入っている「Chrome」って何?

「Chrome」はブラウザアプリ

「Chrome」はブラウザアプリのひとつ。正式名称を「Google Chrome」といい、Googleが開発したアプリです。その他標準のブラウザアプリ「ブラウザ」と用途は同じですが、詳細な機能が異なります。いちばん大きな特徴は、パソコン版「Chrome」と、開いているタブ(Webサイト)を共有できる点です。パソコンですでに「Chrome」を使っている場合は、スマホのブラウザアプリも「Chrome」にした方が便利でしょう。

「Chrome」の基本的な使い方

1.「Chrome」を起動する

アドレスバーが検索バーになっており、アクセスしたいサイト名などを入力できます。

2.タブを操作する

・アドレスバー右横のボタンをタップすると、現在開いているサイト(タブ)の一覧画面になります。
・タブをタップすると、画面を切り替え可能です。
・新しいタブは画面左上「+」から起動できます。

「Chrome」の便利な共有機能を使おう

「Chrome」はスマホアプリ版のほか、パソコンソフトとしても配布されています。「共有」機能を使うことで、そのパソコン版「Chrome」で開いているタブを、アプリ版「Chrome」上に表示させることが可能です。

1.Chromeを起動する

ホーム画面、またはアプリ一覧画面(詳しくはこちら)から「Chrome」をタップします。

2.Chromeにログイン

Chromeが起動したら、スマホ本体のメニューキー(詳しくはこちら)を押して、「設定」をタップし、「Chromeにログイン」をタップ。

3.Googleアカウントを入力

Googleアカウントを入力し、「ログイン」をタップします。

4.パソコンで「Chrome」を起動し、同じアカウントでログイン。

パソコンから「Chrome」を起動し、同じアカウントでログインすると、アプリ版「Chrome」で「メニューキー」を押し、「最近使ったタブ」をタップしたときに、パソコン版「Chrome」で開いているタブ一覧が表示されるようになります。

ポップアップ広告をブロックする!

ポップアップ広告とは、サイト閲覧中に強制的に表示される広告ウィンドウのことです。サイトへの登録や、ソフト、アプリのインストールを促すものから、危険な詐欺広告までさまざまな種類がありますが、これらの広告は「Chrome」の設定からブロックできます。

ポップアップ広告は、「キャンセル」「閉じる」などのボタンをタップして閉じることができます。しかし、表示されてあまり気分が良いものではありませんし、中にはウイルスをインストールすることを目的とした危険な広告もあります。事前にブロック設定を施しましょう。

1.Chromeを起動する

ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「Chrome」をタップします。

2.「コンテンツの設定」を選択

Chromeが起動したら、スマホ本体のメニューキーを押して、「設定」をタップし、「コンテンツの設定」をタップ。

3.ポップアップのブロックを有効化

「ポップアップのブロック」にチェックを入れましょう。

豆知識:故障かな?と思ったら「診断ツールアプリ」を使おう

ドコモの「診断ツールアプリ」を使えば、スマホのさまざまな機能を確認し、故障かどうかを診断することができます。故障かな?と思ったら、このアプリを試してみましょう。ここでは、このアプリがどんな機能を持っているかを紹介します。なお、このアプリは、ウィジェットとしてホーム画面に配置して起動させます。

ダウンロード手順

dメニュー>「サービス一覧」の一覧を見る>お客様サポートの診断ツールアプリを選択>Google Play>インストール>同意してダウンロードを選択

ウィジェットから立ち上げる

「アプリボタン」を押すと表示されるメニューから「ウィジェット」を選択し、「診断ツール」を選択するとホーム画面に診断ツールのウィジェットが置かれます。

※アプリ一覧には表示されませんので、ウィジェットから起動してください。

診断ツールのウィジェットを押すとアプリが立ち上がり、メニュー画面が表示されます。「故障診断」を選択すると「診断メニュー」が表示されますので、そこで診断したい項目を選ぶだけで簡単に診断できます。

・各種センサー診断
GPS、Wi-Fi、Bluetoothなど、各種センサーの動作を診断します。
・通信機能確認
通信・メール送受信の動作に問題がないか、確認します。
・端末動作確認
表示・音・バイブレータの動作に問題がないか、確認します。
・その他機器接続確認
Wi-Fi、Bluetoothが問題なく接続できるか、確認します。
・メモリ状況確認
現在の端末利用状況を確認します。
・診断結果の詳細も見られます
アプリのメニュー画面に戻って「診断結果」を選択すると、診断結果の詳細内容が一覧表示されます。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

お探しの内容と違った場合は、「通信/ネット閲覧のカテゴリ一覧」からお探しいただくか、以下から再検索をお試しください。

お悩みズバッと!


この記事はお役にたちましたか?
0 0
解決しなかったお悩みをお聞かせください。
今後の改善の参考にさせていただきます。

※ご意見・ご感想についての返答はいたしかねますのでご了承ください。

Topへ