もっと楽しく!もっと便利に!スマホお悩みサポートメニュー

本サイトは2020年10月20日(火)午前10時をもちまして終了させていただくこととなりました。
今までご利用いただき、誠にありがとうございました。

通話中に雑音が入る

音声のトラブルの原因は様々です。状況に応じて、対策も異なります

通話中のトラブルには発信側や受信側、もしくは双方に問題がある場合など、複数の原因が考えられます。また、周辺の基地局や設備が原因となる場合もあるため、症状にあわせて適切な方法をご紹介します。

通話中に相手の声が聞こえない。または聞き取りづらい

<画面上部で電波の状況を確認する>

4段階ある三角のアイコンが、電波状況を表すアンテナマークで、4つ点灯しているときが、もっとも電波状況がいい状態です。電波状況が悪いときは、場所を移動してみましょう。

<通話中の音量を調整する>

相手からの声が聞こえない、または聞き取りづらいときは音量を調整するのも有効です。握ったときや画面に触るなどのふとしたことで、音量が変わっていることもあるので、念のため確認してみます。詳しくは「通話中の音量を変更したい」をご参照ください。

<イヤホンマイクを外して、もう一度挿してみる>

イヤホンマイクを使っている場合、イヤホンジャックが根元まで十分に入っていない、または一時的な接触不良が考えられます。いったん外して、もう一度挿し直してみましょう。

相手の声は聞こえるけど、自分の声が届かない

<特定の場所で声が届かない場合>

遠くまで見渡せる高い場所では、通常は届かない、離れた場所にある基地局から不安定で弱い電波が届いてしまうことがあります。弱い電波の基地局に優先的に接続してしまうことにより、相手からの声が届かない、こちらから相手へ声が届かないといった症状が出る場合もあるため、場所を移動してかけ直してください。

<いつどの場所にいても声が届かない場合>

携帯電話の故障が考えられます。お近くのドコモショップ、またはドコモ インフォメーションセンターにお問い合わせください。また「故障・修理について」もご参照ください。

音声が途切れたり、通話中にいきなり切れたりする

<通話中に突然切れた場合>

見通しのよい場所やビルの密集地などは、複数の電波が様々な方向から電波が飛んで不安定になる場合があります。場所を移動してかけ直してください。

<いつどの場所にいても途切れたり、切れたりする場合>

携帯電話の故障が考えられます。お近くのドコモショップ、またはドコモ インフォメーションセンターにお問い合わせください。また「故障・修理について」もご参照ください。

通話中に雑音が入って相手の声が聞き取りづらい

<特定の場所で雑音が入る場合>

基地局や周辺設備などの問題が考えられます。詳しい状況をお調べいたしますので、ドコモインフォメーションセンター(ドコモの携帯電話からは無料ダイヤル「151」。一般電話などは「0120-800-000」まで。午前9時から午後8時まで。年中無休)にお問い合わせください。

<いつどの場所にいても雑音が入る場合>

携帯電話の故障が考えられます。お近くのドコモショップ、またはドコモ インフォメーションセンターにお問い合わせください。また「故障・修理について」もご参照ください。

相手からの音声にエコーがかかる

<特定の相手または状況でエコーが発生する場合>

相手が受話音量を上げすぎているか、こちらの発する声が大きすぎることが原因と考えられます。また、イヤホンマイクの脱着時にエコーが発生する場合もあるため、受話音量を下げてみましょう。
詳しくは「通話中の音量を変更したい」をご参照ください。また、周辺の設備に問題がある場合もあるため、詳しい状況をお調べいたします。ドコモインフォメーションセンター(ドコモの携帯電話からは無料ダイヤル「151」一般電話などは「0120-800-000」まで。午前9時から午後8時まで。年中無休)までお問い合わせください。

<いつどの場所にいてもエコーが発生する場合>

携帯電話の故障が考えられます。お近くのドコモショップ、またはドコモ インフォメーションセンターにお問い合わせください。また「故障・修理について」もご参照ください。

故障かなと思ったら?

ドコモショップやドコモ指定の故障取り扱い窓口で点検を受けることをおすすめします。

豆知識:通話中に使える便利な機能を知ろう!

1.通話を追加

別途キャッチホンのご契約により、通話中に「通話を追加」を押せば、通話を切らずに別の人へ電話をかけることができます。元の通話へ戻るには、画面に表示されている電話番号を押します(切り替えられた側は、保留状態になります)。

2.ダイヤルキーで操作する

通話中に「ダイヤルキー」をタップすることでダイヤルキーを表示して、数字や文字の操作ができる状態にします。ダイヤルキーを消したい場合は「戻る」をタップします。

3.スピーカー

「スピーカー」をタップすることで、相手の声をスピーカーから出力します。スマホを耳のそばに持ってこなくても声が聞こえるので、画面を見ながらの通話が可能になります。

4.ミュート(消音)

「ミュート」をタップすることで、自分の音声を相手へ伝わらないようにできます。相手からの音声は聞こえます。

5.ヘッドセット

Bluetooth対応のヘッドセットを使用できます。

6.通話中に別のアプリを起動

通話中にホームボタンを押すと、別のアプリを起動することができます。待ち合わせの場所をマップで調べたり、カレンダーでスケジュールを確認したりできる便利な機能です。別のアプリを操作する場合は、「スピーカー」または「ヘッドセット」の使用が便利です。

※機種の搭載Android(OS)のバージョンによって操作方法やインタフェースは異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

お悩みズバッと!


この記事はお役にたちましたか?
0 0
解決しなかったお悩みをお聞かせください。
今後の改善の参考にさせていただきます。

※ご意見・ご感想についての返答はいたしかねますのでご了承ください。

Topへ