もっと楽しく!もっと便利に!スマホお悩みサポートメニュー

電池がすぐに減る

節電対策を行うことで電池の持ちを良くできます。

スマホは、以下3つの節電対策をすることで、電池の減りを抑えることができます。

使わない通信機能をオフ

電波を探している状態は非常に電池を消耗します。明らかに使わないときは、各種通信機能を停止してください。
・ホーム画面、またはアプリ一覧画面から「設定」をタップします。
・1~3の項目を選択しながら、以下設定を変更しましょう。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

1.Wi-Fiの停止

「Wi-Fi」をタップし、スイッチを「OFF」にします。

2.Bluetoothの停止

「Bluetooth」をタップし、スイッチを「OFF」にします。

3.GPS(位置情報サービス)の停止

「便利機能」などといった項目から「位置情報」「GPS」といったメニューをタップ。スイッチを「OFF」にします。

画面設定で電池を節約

スマホの特徴である大きな画面は電池を消費する要因のひとつ。画面設定で、明るさや操作可能な時間を必要最低限に抑えて電池を節約します。
・「設定」から「画面」「ディスプレイ」といった項目を選択します。
・「画面の明るさ」をタップします。

バックグラウンド動作を防ぐ

・スライドバーを左右に動かし、明るさを調整します。
・「OK」をタップすれば完了です。

※機種によって操作方法は異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

スマホは、アプリがバックグラウンドで自動的に動作することによっても、電池を消耗します。バックグラウンドでの動作を制限することは、節電に大きく役立ちます。

→バックグラウンド動作を防ぐ方法はこちらをご覧ください

お探しの内容と違った場合は、「操作/設定のカテゴリ一覧」からお探しください。

お悩みズバッと!


この記事はお役にたちましたか?
0 0
解決しなかったお悩みをお聞かせください。
今後の改善の参考にさせていただきます。

※ご意見・ご感想についての返答はいたしかねますのでご了承ください。

Topへ