もっと楽しく!もっと便利に!スマホお悩みサポートメニュー

本サイトは2020年10月20日(火)午前10時をもちまして終了させていただくこととなりました。
今までご利用いただき、誠にありがとうございました。

テレビ電話を使いたい

ドコモのビデオコールを利用して、テレビ電話ができます。

スマートフォン同士の場合、LTEエリア内におけるドコモのVoLTE(HD+)対応端末同士であれば、ドコモのビデオコールがご利用できます。

ドコモのらくらくスマートフォンでも対応している機種がありますので、オンライン帰省などにもご活用ください。

※ドコモ スマートフォンの対応機種については、こちらをご覧ください。

※らくらくスマートフォン対応機種については、こちらをご覧ください。

※ご利用料金については、こちらをご覧ください。

ビデオコールの使い方

【電話番号入力画面から発信する場合】
電話アプリから、番号を入力して、[メニュー]→「ビデオコール」を選択する。

【ドコモ電話帳アプリから発信する場合】
ドコモ電話帳から発信したい連絡先を選択→電話番号の右横のメニューをタップ→「ビデオコール」を選択する

【音声通話中にビデオコールに変更する場合
音声通話中に「ビデオコール」をタップすることで、音声通話からビデオコールへ切り替えることが可能です。
音声通話からビデオコールに切り替えるには、相手側がビデオコールの切り替えを許可する必要があります。

iモード端末やらくらくホンでテレビ電話を使う

■テレビ電話のかけ方
電話番号を入力して、「テレビ電話」ボタンで発信。または、画面上の「テレビ電話」を選んで発信。

■テレビ電話の受け方
テレビ電話着信中に「テレビ電話」ボタンを押して着信。または、画面上の「テレビ電話」を選んで着信。

※ご利用の機種によって操作方法が異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

■対応機種
下記の非対応機種を除くドコモケータイ(iモード)同士にてご利用いただくことができます。

※インカメラが無い機種の場合、外側のカメラを利用して自画像を送信することができます。相手の顔を見ながら自画像を送信することはできません。

■非対応機種(平成29年5月現在)
ドコモケータイ(spモード)全機種、iPhone/iPad全機種、ドコモスマートフォン/タブレット全機種、Nexus全機種、スマートフォン for ジュニア全機種、らくらくスマートフォン全機種、らくらくホン(spモード)全機種、データ通信製品全機種、F-05B、キッズケータイ HW-02C、キッズケータイ HW-01D、キッズケータイ HW-01G、ブックリーダー SH-07C、らくらくホン ベーシック3 F-08C、らくらくホン ベーシック4 F-01G、らくらくホン ベーシックII F-07A、らくらくホン ベーシックS F883iS、らくらくホン ベーシック F883i、らくらくホン シンプル D880SS、F903iBSC、Windows®ケータイ F1100、P2002、F2051、F2611、N2001、N2002、N2051、N2701

※「Windows」は、米国 Microsoft Corporation の米国、およびその他の国における登録商標または商標です。

お探しの内容と違った場合は、「カメラ/写真/動画のカテゴリ一覧」からお探しください。

お悩みズバッと!


この記事はお役にたちましたか?
0 0
解決しなかったお悩みをお聞かせください。
今後の改善の参考にさせていただきます。

※ご意見・ご感想についての返答はいたしかねますのでご了承ください。

Topへ